• Low

これからどうする?

 自分って周りからどんな風に見えてるのかな、と考えていました。


活動を客観的に見てみると「制作して公開はしているけど露出が少ない」って感じです。


ここで普段ぼくは何をしているかというと、音楽素材を作ってストアで販売したり、ご依頼を頂いてプロジェクトを転々としています。


ほぼ傭兵です。


そしてその傭兵業で露出する(人の目に触れる)部分はというと…


・参加した作品が世に出たとき

・自作品を公開したとき



oh...


シンプルにまとめると少ない…少なすぎる…


ちゃんと作ったものが人の目に触れる機会を作っていこうね。


自作品、音楽は特にSNSやホームページでの公開だけだと「点」で攻める事になるので、動画を作ったり、おもしろコンテンツ(言うのは簡単)を作ったり、ちゃんと「面」で攻めていこうと思います。

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

目指せ世界のメディアコンポーザー

作曲家というアバウトなくくりの職業。 その中にプロダクションミュージックという仕事があるらしい。 プロダクションミュージックってなんぞ… 超ザックリ書くと、放送局や映像制作会社などと取引をしているライブラリと契約して、ライブラリのカタログに自分の曲を掲載してもらい、その曲が使用されると著作権使用料が支払われるという仕事。 今まで素材集やストック販売をすることだと思ってたんですが、めちゃくちゃ勘違い

定番は買ってよかった

本当おかげさまでTHE SKYやストック販売してる音源が売れたり、ご依頼を頂いたりで、今年の音源メーカー怒涛のサマーセールはかなり音源を補強することができました。 その中でソフトシンセサイザーがめちゃくちゃ良くって…その…Omnisphere2っていうんですけど。 まず音色が抜群に豊富で、いろんな音を探す過程で「このシーンの雰囲気これしかない」って音にかなりの確率で出会えます。 あと音がめちゃくち

© 2020 by Low