• Low

めっちゃ強い人から学ぶ

突然ですが僕はTriviumやAs I Lay Dying、In Flamesなど、メタルがめっちゃ好きです。


Come Clarityとか今でも聞いてるし、つい最近までデスメタルバンドにいました。


こんな感じで作曲を始める前はロックやメタルの畑ですくすくと育ちました。

なので曲を作る際も「リフもの」が多くて同じフレーズやコードを繰り返すことが多いです。


↓こういう感じの「デケデケデケデケデケデケ~♪(ステイメタル)」という刻み


STAY METAL!な感じのリフソングです(おもいっきりストリングスですが)


こういう感じのデケデケした曲を作っていて、ふとコード進行のバリエーションを増やしたい欲に駆られてきました。


紹介していただいたこちらのコンポーザー


めっちゃ壮大でエモーショナルです…ステイメタル


さっそくスケッチして要素をいくつか抽出しました。


・非和声音を用いたメロディー

・途中から入ってくるカウンターメロディー

・基本のコード変化させて飽きさせない進行

・オクターブで重ねて視界を広げる

・中低域をしっかり支える密度のある音符の配置


メロディーやコードはシンプルながらどんどん展開していって、世界に没入させてくれます。


特にオクターブユニゾンはベース・メロディー共に超低域~超高域の音程感を感じられるギリギリまで使って世界を広げてる感じがします。


↑の動画でコードトーンはギリギリ目視できるので、よかったらどんなコードが使われているか調べてみてくださいね(ステイメタァル…)

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

目指せ世界のメディアコンポーザー

作曲家というアバウトなくくりの職業。 その中にプロダクションミュージックという仕事があるらしい。 プロダクションミュージックってなんぞ… 超ザックリ書くと、放送局や映像制作会社などと取引をしているライブラリと契約して、ライブラリのカタログに自分の曲を掲載してもらい、その曲が使用されると著作権使用料が支払われるという仕事。 今まで素材集やストック販売をすることだと思ってたんですが、めちゃくちゃ勘違い

定番は買ってよかった

本当おかげさまでTHE SKYやストック販売してる音源が売れたり、ご依頼を頂いたりで、今年の音源メーカー怒涛のサマーセールはかなり音源を補強することができました。 その中でソフトシンセサイザーがめちゃくちゃ良くって…その…Omnisphere2っていうんですけど。 まず音色が抜群に豊富で、いろんな音を探す過程で「このシーンの雰囲気これしかない」って音にかなりの確率で出会えます。 あと音がめちゃくち

© 2020 by Low