• Low

動画制作など

ストック販売サイトに置いてる音源ってなかなか目につかないなのはヤバいと思って、こういう雰囲気で使えますよ~的な動画制作をしてます。

#YouTube にアップしたのでそのうち #Twitter 用の動画とかも作ってく予定です。



ストック販売サイトはこちら



動画制作めちゃくちゃ楽しいですね。

書き出したパーティクルの重ね方とかまだまだ勉強することはいっぱいありますが。

音に絵がハマらないときは地獄…あぁ無常


#Boris#Particle Illusion Standalone がフリーで使えるのでとてもありがたいです。

モヤモヤみたいなエフェクトってパーティクルっていうんですね。

またひとつかしこくなってしまった。


ゆくゆくは #Adobe とか超メジャーな動画作成ソフトにも手を出したいです。

ただあっちこっち手を出すと結構な額になるので、サブスクリプション地獄だけは避けたい所存。


今回動画やらハッシュタグやらの実験もかねていろいろ使ってみました。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

目指せ世界のメディアコンポーザー

作曲家というアバウトなくくりの職業。 その中にプロダクションミュージックという仕事があるらしい。 プロダクションミュージックってなんぞ… 超ザックリ書くと、放送局や映像制作会社などと取引をしているライブラリと契約して、ライブラリのカタログに自分の曲を掲載してもらい、その曲が使用されると著作権使用料が支払われるという仕事。 今まで素材集やストック販売をすることだと思ってたんですが、めちゃくちゃ勘違い

定番は買ってよかった

本当おかげさまでTHE SKYやストック販売してる音源が売れたり、ご依頼を頂いたりで、今年の音源メーカー怒涛のサマーセールはかなり音源を補強することができました。 その中でソフトシンセサイザーがめちゃくちゃ良くって…その…Omnisphere2っていうんですけど。 まず音色が抜群に豊富で、いろんな音を探す過程で「このシーンの雰囲気これしかない」って音にかなりの確率で出会えます。 あと音がめちゃくち

めっちゃ強い人から学ぶ

突然ですが僕はTriviumやAs I Lay Dying、In Flamesなど、メタルがめっちゃ好きです。 Come Clarityとか今でも聞いてるし、つい最近までデスメタルバンドにいました。 こんな感じで作曲を始める前はロックやメタルの畑ですくすくと育ちました。 なので曲を作る際も「リフもの」が多くて同じフレーズやコードを繰り返すことが多いです。 ↓こういう感じの「デケデケデケデケ

© 2020 by Low