• Low

目指せ世界のメディアコンポーザー

作曲家というアバウトなくくりの職業。

その中にプロダクションミュージックという仕事があるらしい。


プロダクションミュージックってなんぞ…


超ザックリ書くと、放送局や映像制作会社などと取引をしているライブラリと契約して、ライブラリのカタログに自分の曲を掲載してもらい、その曲が使用されると著作権使用料が支払われるという仕事。


今まで素材集やストック販売をすることだと思ってたんですが、めちゃくちゃ勘違いしてました。


無知ってこわい…


syncmanさん(@Syncman_pmbのPMについてすごく詳しく書かれているnoteを読みました。

https://note.com/musicbiz/n/n4eb7dc3f7437


すごい…めちゃくちゃやりたい!


しかし今の自分のやり方ではだめなので、どんどん生産力上げていきます。


具体的には


・ドラマやドキュメンタリー系のインプットを増やす(最低コード進行やスケールを調べる)

・作曲と編曲の地力を上げる(スコアを集めてオーケストレーションとコード進行を学ぶ)

・映像を見ながら作る(実際の画面を見て楽曲の構成を考える)


今のところ思いつくのはこれぐらいかなぁ…


とにかくトライアンドエラーの繰り返し。


これから海外のライブラリと契約を取れるように頑張っていきます。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

定番は買ってよかった

本当おかげさまでTHE SKYやストック販売してる音源が売れたり、ご依頼を頂いたりで、今年の音源メーカー怒涛のサマーセールはかなり音源を補強することができました。 その中でソフトシンセサイザーがめちゃくちゃ良くって…その…Omnisphere2っていうんですけど。 まず音色が抜群に豊富で、いろんな音を探す過程で「このシーンの雰囲気これしかない」って音にかなりの確率で出会えます。 あと音がめちゃくち

めっちゃ強い人から学ぶ

突然ですが僕はTriviumやAs I Lay Dying、In Flamesなど、メタルがめっちゃ好きです。 Come Clarityとか今でも聞いてるし、つい最近までデスメタルバンドにいました。 こんな感じで作曲を始める前はロックやメタルの畑ですくすくと育ちました。 なので曲を作る際も「リフもの」が多くて同じフレーズやコードを繰り返すことが多いです。 ↓こういう感じの「デケデケデケデケ

© 2020 by Low